Sigma

SSL Sigma δelta

Remote Controlled Analogue Mix Engine

〜 伝統のSSLアナログコンソールサウンドと
PCベースの高効率な制作環境とを両立させたい
      すべてのDAWユーザーのために 〜

Sigmaは唯一無二のDAWオートメーションコントロールドSuperAnalogue™サミングエンジンです。

Sigmaは、SSLのSuperAnalogueサウンドクオリティーでDAWのオートメーションによりミキシングする新しいコンセプトのサミングエンジンです。 MDACを使用してのアナログレベルコントロールは DualityやAWSといったスタジオコンソールに搭載されている機能と全く同じのものです。 お使いのDAWで作成したフェーダーオートメーションデーターを使用してSigmaのMDACを制御し、100%アナログの環境でトラックをミックスダウンできます。

個別にモノまたはステレオに切り替えられるフレキシブルなチャンネルインプットを16系統 (最大32ch入力) 持ち、全チャンネル分の正確なLEDメーター表示が装備されています。 2系統のステレオバスにはそれぞれに専用の出力と個別のステレオインサートポイントを持ち、各チャンネルにはダイレクトアウトも装備されています。また、Mix Bus Bはファイナルミックスの際などに Mix Bus A に統合してお使いいただくことも可能です。

モニターセクションには、アーティストモニターのためのヘッドフォンアウトとスタジオモニターのためのモニターアウトが装備されています。モニターアウトはメインとオルタネイトの2系統を装備しており2つのモニターセットを接続できます。モニターソースはマトリックスをフロントパネルのスイッチでセレクトすることで切り替えられます。フロントパネルに実装されているポットによりMix A、Mix B、モニターアウト、ヘッドフォンアウトを切り替えてそれぞれ独立してレベルコントロールできます。また、トークバックインプット(ラインレベル)、モニターDim (レベル調整可能) も装備しています。

モニターレベル、モニターソース切り替え、インサート、トークバック、B to Aサミング、モノチェックなど機能はMIDIを介して一般的なコントロールパネルから操作できます。MIDIの簡易学習機能を使用して効率的なセットアップが可能です。また、フロントパネルにある2つのユーザースイッチの On/Hold や背面のフットスイッチ入力により同様の機能の切り替えを簡単かつ素早く行えます。SigmaはipMIDIを介してPCと接続し、プラットフォームを問わずさらに広範な機能の追加や設定変更を分かりやすく自在に行うことができます。

Key Features

  • DAWオートメーションによってコントロールする SSL SuperAnalogue™ミックスエンジン
  • ProTools、Logic、Cubase/Nuendo、Abelton Liveなど主要な DAW すべてで使用可能
  • モノ・ステレオを個別に切り替えられる最大 32入力の 16チャンネルインプット
  • 個々に独立したインサートポイントを持つ2系統のステレオミックスバス
  • 独立した2系統のモニターアウトプット
  • 全チャンネルにダイレクトアウトを装備
  • レベルコントロール可能な Dim を持つトークバック機能
  • 直観的な操作が可能なデザインと GUI を持つソフトウェア
  • 高速なipMIDIによりEthernetケーブル1本で完結するMAC/PCとの接続
  • δelta Control (δ-Ctrl) — デルタコントロール
  • 'MCU' コントロールサポート