SSL Nucleus2 DAW Control Surface SSL Nucleus2 DAW Control Surface SSL Nucleus2 DAW Control Surface

Nucleus²

The centre of your professional audio environment

2010年に発表され TEC、Sound on Sound、MIPA など数々の賞を受賞した Nucleus は、次なる新たなステップ、Audio over IP の世界へと踏み出します。

Nucleus² は、先進の DAW コントロール、トークバック機能も持つ最高音質の SuperAnalogue™ モニタリング、SSL コンソールグレードのマイクアンプ、プロフェッショナルクオリティーの Dante オーディオインターフェイスと Duende ネイティブプラグインを完璧なかたちで統合し、プロフェッショナルのプロジェクトスタジオに最適なコンソールです。このサウンドクオリティーと使いやすさを両立させたプロダクトは他にありません。
Nucleus²は、ただユニークなだけでなく、これらのアイテムをバラバラに揃えることを考えればコストの観点からも高いパフォーマンスを持つコンソールと言えます。

Nucleus² は、コンパクトで持ち運びできるデスクトップユニットで、DAW を使用した音楽制作やポストプロダクション制作において快適で効率よく、使いやすい環境をもたらします。
レコーディングやモニタリング、そして DAW の操作に必要な全てをマウスを使用することなく素早くかつ効率的に行え、ワークフローが明快になり、あなたはスクリーンではなくサウンドに集中できます。

Nucleus² は、オーディオに関する機能もユニークです。まず SSL の SuperAnalogue™ を基盤としたシグナルパスは SSL のプロフェッショナルなサウンドクオリティーと +4dB 接続で Main と ALT の2系統のモニター出力を提供します。
そして高音質な 2+2ch Dante オーディオインターフェイスによりレコードやプレイバックのパスを DAW や Dante IP オーディオネットワーク上のデバイス群に送ることができます。

2系統の XLR マイク/ライン/インストゥルメント入力は、オーディオインターフェイスとモニター出力に同時に送ることができます。S/PDIF によるデジタル I/O はオーディオインターフェイスの AD/DA (プリインサート) に送ることができるため、DAW のレコードパスへのデジタル出力とマイク/ライン/インストゥルメント入力のデジタルへの出力を同時に行えます。
デジタル入力はオーディオインターフェイスの Ch3&4 を使用できるため、アナログ入力を DAW の別チャンネルに同時にパラレルでレコーディングできます。Wet/Dry コントロールは、アナログ (デジタル) 入力と DAW のプレイバックとバランスコントロールでき、遅延なしでレコードモニタリングが可能です。

さらに Nucleus² ではヘッドフォンへの出力と On/Off 切り替え可能なモニター出力の -20dB DIM が装備されたトークバック機能が追加されました。トークバック入力はゲインコントロールが可能で、Dante サウンドカードに送ることもできるためネットワークを介してリモートコミュニケーションも可能となります。
Nucleus² のマイクプリは SSL の SuperAnalogue™ マイクプリで、SSL のラージコンソール Duality、AWS、X-Rack システムのマイクプリと同等であり、レコードパスにプロフェッショナルスタンダードのクリアな最高音質をもたらします。マイク入力は 80Hz のハイパスフィルターと逆相スイッチ、ファンタム電源を装備しています。1ペアのインサート・センドリターンは外部のプロセッサーやエフェクターをマイク/ライン/インストゥルメント入力に使用できるだけでなく、ミックスダウンのために DAW プレイバックとやりとりさせることができます。また、"External" ステレオアナログ入力は他のオーディオインターフェイスからの音やアナログデバイスを Nucleus² のクリアなモニターパスに送ることができます。そして2系統のヘッドフォン出力も標準で装備されています。

Nucleus² の DAW コントロール機能は、SSL の Matrix コンソールのコンセプトを基盤としています。最大3台の異なる DAW を同時に接続し、それらをワンボタンで切り替えて操作できます。HUI または MCU プロトコルを使用し、ProTools、Logic、Nuendo/Cubase といった代表的な全ての DAW に対応し、また MIDI CC データを送信することも可能です。
Nucleus² は、専用あるいはアサイナブルなハードウェアコントロールセットを装備しており、DAW のコントロールやプラグインのパラメーターなど個々のユーザーの操作環境と目的に合わせて自在にカスタマイズができます。
2バンク仕様の8チャンネルセットは 100mm ストロークのモータライズドフェーダーとユーザーが自由に機能設定できるソフトキーと V-Pot、専用の Select、Solo、Cut ボタンと 10 ポイントのチャンネルレベルメーターが装備されています。

センターセクションの DAW コントロールは、大きく耐久性の高いトランスポートスイッチと高精度の Jog/Shuttle ホイール、バンク/チャンネル/レイヤーセレクトと DAW のグローバルコントロール・ナビゲートスイッチ類、そして USB キーボードイミュレーションボタンが装備されています。
明るく見やすい LCD のスクリブルストリップと DAW オーディオレベルメーター、自照式ボタンと LED ステータス表示により、暗いところでも確かなビジュアルフィードバックが得られます。システムの設定は "SSL Logictivity" ブラウザーからリモートで行い、そのプロファイルはブラウザーから保存と読み込みが可能です。Nucleus² をどう使うかは、ユーザーが決めるのです。

Nucleus² は、DAW のコントロールと Dante オーディオのために Ethernet で接続します。さらに USB で接続しキーコマンドイミュレーションにより機能を設定してキーボードの替わりとしても使用できます。背面には USB ハブとして機能する3つの USB ポートが実装されています。またスタンダードジャックのフットスイッチ入力とプロファイル保存のための SD カードスロットが装備されています。Nucleus² の設定やキーコマンドのマッピングなどは "SSL Logictivity" ブラウザーからリモートで行い、SD カードでも保存と読み込みが可能です。

※ Nucleus² をご購入いただいたお客様は、
   Duende Nativeプラグインを無償でインストールすることができます。
   利用可能なプラグインは、
   EQ and Dynamics Channel Strip Stereo Bus Compressor です。

   ※ SSL HQサイトにて 'DUENDE NATIVE VIDEOS' を公開しています。


Key Features

  • Ethernet により接続する DAW コントローラー
  • ProTools、Logic、Nuendo/Cubase 等メジャーな DAW に対応
  • 最大3台の DAW を同時に接続しワンボタンで切り替え
  • 8フェーダー・2バンク構成+センターセクションコントロール
  • タッチセンス付き 100mm ストローク・モータライズドフェーダー
  • デジタルスクリブルストリップとアサイナブルソフトキー・V-Pot 
  • 完全にユーザー設定可能な DAW 機能とキーコマンドマッピング
  • リモート "Logictivity" ブラウザーによる簡単な設定
  • SD カードによるプロファイルの保存
  • 大きく耐久性の高いトランスポートスイッチと高精度の Jog/Shuttle ホイール
  • 明るく見やすい自照式スイッチと LED による DAW レベルメータリング
  • プロジェクトスタジオのセンターにふさわしいユニークなオーディオ機能群
  • +4dB 接続する2系統のプロフェッショナルクオリティー SuperAnalogue™ モニター出力
  • ハイクオリティーな Dante によるオーディオインターフェイス (44.1kHz-96kHz, 24bit)
  • 2系統の XLR 接続マイク/ライン/インストゥルメント入力はオーディオインターフェイスとモニター出力に接続可能
  • S/PDIF デジタル I/O はオーディオインターフェイスの AD/DA に接続可能
  • 入力と DAW プレイバックとを Wet/Dry バランスコントロールできる遅延ゼロのレコードモニタリング
  • Duality や AWS と同等の SSL SuperAnalogue™ マイクプリ
  • マイク入力には 80Hz ハイパスフィルターと逆相スイッチ、ファンタム電源を装備
  • インサートセンドリターンは入力パスまたは DAW プレイバックパスへと切り替え可能
  • "External" SuperAnalogue™ 入力により外付けアナログオーディオデバイスをモニタリング
  • ゲイン調整と切り替え可能な -20dB モニター DIM 機能を持つトークバック入力は
    Dante オーディオインターフェイスにルーティングしてネットワークを介したリモートコミュニケーションが可能
  • 2系統のヘッドフォン出力とモニター用 iJack 端子
  • スタンダードな 1/4" ジャックのフットスイッチ入力
  • 3ポート USB ハブを内蔵
  • Dante デバイスを追加できる Dual Ethernet ポート