AWS 948 Channel Strip

AWS 948 Channel

AWS 948 は、AWS 924 と同様の 24フェーダーの大きさのままで、各チャンネルに1つのマイクアンプ、2系統のラインレベルインプット、新しいステレオ EQそしてステレオインサートを装備した独自のデュアルパスチャンネルストリップデザインになっています。この革新的デザインの新たなチャンネルは3種類のオペレーティングモードで使用できます。Stereo Mix、In-Line Mix、In-Line Tracking これらのモードは今日の多種多様な制作環境に対応できるよう豊富なワークフローオプションを提供します。

IN-LINE TRACKING
In-Line Tracking は、マイクまたはラインシグナルのいずれかを CHOP (Channel Direct Output) と トラックバスへソースを送る AWS 924 と同様です。通常このシグナルは V-Pot によってレベルコントロールされます。‘フェーダーフリップ’ 機能で V-Pot の代わりにフェーダーを使用する事ができます。このセットアップでは通常2つ目の入力シグナル (例えば DAW からのリターンソースなど) はフェーダー側にアサインされます。

IN-LINE MIX
In-Line Mix は、モノシグナルを扱うモードです。しかしながら AWS 948 はモジュールに2つ目のインプットも備えており、デュアルモノモードで使用が可能です。通常のインプットシグナルはフェーダーでレベルコントロールされ、2つ目のインプットシグナルは V-Pot でレベルコントロールされます。全てのモジュールを In-Line Mix モードにセットアップすると 48ch までの Mix が可能となります。コンソールモードでオートメーションの使用時は、V-Pot と専用 Solo/Cut キーもオートメーションの対象となります。EQやインサートセンド/リターンはどちらか必要なパスで使用可能です。

STERO MIX
Stereo Mix モードは、ステレオモジュールとして機能します。プロセッシングは、4バンドステレオ EQ、ステレオインサートポイントとして機能し、パンコントロールは L/R のバランスコントロールと、ワイズコントロールが可能となります。FX センドならびに CHOP (Channel Direct Output) へは L/R のシグナルがサミングされ送られます。

チャンネルのコンフィグレーションは、センターセクションの TFTスクリーンとソフトキーを使用してセットアップ可能です。それぞれチャンネル毎でのセットアップが可能で、今日のワークフローに最も適した状態でセッションが行えます。モノソースはモノチャンネル (In-Line Tracking モード または In-Line Mix モード) で、ステレオソースはステレオチャンネル (Stereo Mix モード) が使用できます。これらの設定がセッション単位でまたはセッション中にいつでも変更/設定が可能です。

Input Section
AWS 948 のチャンネルインプットセクションは +/-20dB のゲインをもつ 2系統のバランスラインインプットとマイクゲインのコントロール (+15dB 〜 +75dB) 、フェーズリバース、-20dB PAD、48Vファンタム電源をもつワールドクラスの SuperAnalogue™マイクアンプを装備しています。インサートのルーティング機能は 3種類のオペレーティングモードにより変化します。

EQ Section
AWS 948 に 装備されている ステレオ EQ は AWS 924 の EQ と音質的に全く同等です。 SuperAnalogue™ モノチャンネルの EQ セクションは、伝説の XL 9000 K シリーズコンソールと現在成功を収めている Duality と同等の機能を持ち、 ‘E シリーズ’ カーブ と ‘Gシリーズ’ カーブ の 2 種類の EQ が各チャンネルに装備されています。各チャンネルにはインサート ポイントがあり、INS IN スイッチでチャンネルにインサートしたい外部機器の ルーティングが行えます。PRE はインサートポイントが EQ セクションの前段に設定されます。ダイナミクスの CHIP と CHOP のルーティングキーとともに EQ、INSERT とダイナミクスブロックの順番を入れ替える事ができます。

AWS 948 のステレオチャンネル EQ はさらに HF/LF そして Mid Frequency のバンドが独立して Eシリーズ と Gシリーズのカーブが切替可能になっています。

  • HPF — 18dB/オクターブのハイパスフィルター
  • G-EQ Curve switch — デフォルトで SSL ‘E Series’ タイプ、切換で ‘G Series’ EQ のカーブも選択可能
  • HF — ベルスイッチによって固定 Q パラメトリックにも切り換え可能な高周波数帯域のシェルビング EQ
  • HMF — 高周波数帯域のパラメトリックミッドバンド EQ
  • LMF — 低周波数帯域のパラメトリックミッドバンド EQ.
  • LF — ベルスイッチによって固定 Q パラメトリックにも切り替え可能な低周波数帯域のシェルビング EQ

Routing & Sends
各チャンネルからは2つのメインステレオバス (RECORD と MIX) へソースを送れます。また2系統のステレオキューバスと 4系統のモノFXセンドが装備されています。どの AWSチャンネルもダイレクトチャンネルアウトプット (CHOP) を装備し、8つの独立したトラックバスに送る事もできます。SSL独自の ‘EFX’ システムはセンドコントロールが自由にアサインできることで全チャンネルの創造性が大きく向上します。

Pan/Width
In-Line Mix モードと In-Line Tracking モード時のパンコントロールは、標準の L/R パンコントロールになります。Stereo Mix モード時の PAN コントロールは、ステレオワイズコントロールと L/R 入力バランスコントロールが V-Pot によってコントロールできるようになります。

Digital Scribble Strips
デジタルスクリブルストリップディスプレイは、アナログフォーカスモード時にはアナログシグナルパス名を表示します。また DAW モード時には選択したファンクションに応じて DAWからの情報が表示されます。