Broadcast. This is SSL.

System T

Next generation technology for large-scale broadcast production



SSL System T

:: The future of audio production for broadcast ::




System T System Elements

System Elements

パワーと操作性の完璧なバランス

System T のシステムを構成する3つのメインエレメントがあります。

  • Dante を採用し開発した SSL の Network I/O と IP オーディオをベースとしたルーティング機能。
    現在 Dante を採用しているサードパーティー製品は 350 以上あります。
  • 今日あるオーディオプロセッシングエンジンの中で最もパワフルな Tempest プロセッサー。
  • ラージフォーマットコンソールとリモートハードウエア、 タッチスクリーンテクノロジーを統合した新しいコンソールサーフェイス。

Fully Networked Control Interfaces

SSL は 40 年に及び多くのハードウェアとソフトウェアによるコントロールサーフェイスをデザインし、今日のオーディオコンソール・ユーザーインターフェイスの事実上のスタンダードを築きあげてきました。 System T は、その伝統を受け継ぎ、ハードウェアパネルと大型のタブレットスタイル・マルチタッチスクリーンとをネットワークとして組み合わせ、放送に特化したコントロールセットを新たに創り出しました。 最大3つのコントロールインターフェイスがひとつのコアユニットを同時に共有でき、例えば1台のコアユニットに対してひとつのサーフェイスで音楽ミックス、もうひとつのサーフェイスでプロダクションミックスを同時に行えます。リモートコントロール機能があり、大規模スタジオ群のリソースの共有や振り分けなど、システム設計や運用に様々な可能性を提供します。


Routing & I/O

これまでの TDM ルーティングは、Dante AoIP ネットワークへと更新されます。 AoIP は TDM ルーティングに比べてより効率的で、操作性、機能性、経済性など広範囲に及び利点が多いルーティングシステムです。Dante は公に規格化された IP オーディオネットワーク伝送技術で、既存の一般的な IT のインフラを音声信号の伝送やルーティング、デバイスの認識や制御に使用できます。 Dante は大規模なシステム構成にも対応し、多機能かつ柔軟なシステム構成を実現します。 1本のギガビットネットワーク接続で 512 チャンネル (@ 48kHz) または 256 チャンネル (@96kHz) の双方向伝送を行えます。AoIP ルーティングは、1本のギガビットネットワーク、24 ポートギガビットスイッチで、TDM ルーティングシステムに換算した場合の 12,288 × 12,288 のルーティングに相当します。TDM ルーティングシステムでの I/O システム拡張は、時にコアシステムのエキスパンションを行なう必要がありますが、ネットワークシステムでは容易に拡張が可能です。

Dante は操作方法が完全に統一されたシステムデザインです。225 を超えるライセンス企業が 350 種以上の製品を製造販売しており、目的や仕様に合わせて複数のメーカーの製品を組み合わせて使用できます。このシステムは AES67 オーディオ伝送規格を満たしています。ルーティングの制御は制限なく多くのデバイスやネットワークターミナルから行えます。Dante はプラグアンドプレイでデバイスを自動的に認識し、ネットワーク内での物理的な移動では設定をそのまま追従させられます。また、完全に二重化に対応しており、現在まで様々な IT 環境で培われたネットワークの信頼性や安全性はそのまま放送の現場に適応します。

SSL Network I/O は、Dante ネットワークに SSL のオーディオパフォーマンスをもたらします。Network I/O は、System T と組み合わせてパワフルでワイドなシステムを構築できます。また Network I/O は スタンドアローンでも動作します。 SSL のネットワーク I/O は5つの種類があり、Mic/Line アナログ、 MADI、 AES、 SDI の信号に対応しています。 System T コントロールサーフェイス、または SSL の ネットワークコントロールソフトウェアからリモートで Mic/Line のゲインコントロールを行うなど、ネットワークを経由して包括的に制御を行えます。

Processor Engine(s)

Tempest プロセッサーエンジンは、 SSL が特許を有する Optimal Core Processing (OCP : 各コアの処理の最適化) ソフトウェアを工業用 PC ハードウェア群に施した強力な 信号処理ユニットです。Tempest エンジンは、世界中のホールやアリーナで毎日使用されている SSL ライブコンソールの実績で証明されているように、高い信頼性を誇ります。 4U サイズのシングルエンジンで 800 以上のオーディオパスを処理できます。そしてシグナルパスとプロセッシングの構成は音声に影響を与えることなくリアルタイムで ダイナミックに変更できます。 System T は ひとつのエンジンあたり 3000 以上のインプットと 3000 以上のアウトプットを接続でき、どのような大規模なプロダクションにも 対応できます。 Tempest エンジンは、ミラーリングした二重化を構成することができ、一方のユニットを別の建物に設置して安全を図ることも可能です。 1枚あたり 512 のインプットとアウトプットを接続できる HC ブリッジカード6枚が実装された 3072 のインプットとアウトプットを扱うシステムでも、ほとんど瞬時に バックアップ側への移行を実行できます。