Broadcast. This is SSL.

System T

Next generation technology for large-scale broadcast production

SSL System T - S300

:: The future of audio production for broadcast ::

Compact Broadcast Console


S300 は、中規模オーディオコンソールの中で最もパワフル、多様なワークフローに対応するユーザーフレンドリーなコンソールです。 非常に強力な機能を持ち合わせ、様々な制作アプリケーションに対応可能です。

S300 は、コンパクトなコントロールサーフェイスに、System T コンソールのプロセッサー、入出力ユニット、コントロールインターフェイスを持ち合わせたコンソールです。大規模な放送設備から小規模な放送設備、スペースに限りのある車載用としても力を発揮します。

S300 には、16+1 フェーダー仕様 と、32+1 フェーダー仕様 の2種類があります。
規模に応じて T25 プロセッサー (256 paths @48K) 、または T80 プロセッサー (800 paths @48K) の いずれかを S300 と組み合わせて使用することができます。

またソフトウエアは、System T のラージシステム S500 と同じソフトウエアで動作します。直感的なオペレーションを提供し、驚くほどのパワーと多彩性を備えた最新の S300 のコンソールレイアウトは、 幅広いスキルレベルのオペレーターが使用できます。S300 は、コンソールサーフェイスとプロセッサーと I/O ユニットで構成され、ネットワークオーディオの利益を最大限に享受できます。

規模の大きな施設では、S500 をメインコンソールとし、S300 をバックアップコンソールとして使用する事が可能です。 S300 は S500 と共通のオペレーション環境で、Showfile (設定ファイル) も共有する事ができます。 プロセッサーは処理能力の大きいエンジンと小さいエンジンが用意されており規模に応じて選択いただけます。どちらもチャンネルやバス、エフェクトなどの機能に違いはありません



System T
S300 - 16 + 1 faders 仕様



















System T
S300 - 32 + 1 faders 仕様