Broadcast. This is SSL.

System T

Next generation technology for large-scale broadcast production



SSL System T

:: The future of audio production for broadcast ::




System T Control Interface Hardware

Control Interface Hardware

先進の直観的デザイン

System T のコントロールインターフェイスは、伝統的な放送制作環境のワークフローに対応した組み合わせはもちろん、オーディオをコントロールする新しいやり方をオペレーターに提供できる構成となっています。 SSL が積み上げてきた コントロールサーフェイスのデザインの経験に加え、ジェスチャー対応タッチスクリーンとハードウェアコントロールとを統合して新しいユーザーインターフェイスの在り方を提示します。これにより様々な背景と経験を持つエンジニアのワーキングスタイルに幅広く対応し、すぐにその能力を遺憾なく発揮していただけます。



System T Fader Tile

Fader Tile

フェーダータイルはシグナルパスのコントロールを行います。チャンネルのみならず様々なシグナルパスのコントロールを自由に割り当てることができ、明るく見やすくかつ色分けも可能です。 タイルはメインタッチスクリーンと同じサイズに 16 本のフェーダーを実装しています。 各タイルはそれぞ 15 レイヤー × 4 バンクの構成を持ち、タイルごとに独立して切り替えられます。専用のレイヤー、バンク切り替えスイッチがあり、多数のシグナルパスに素早くアクセスできます。 フェーダーストリップは、100mm ストロークのモータライズドフェーダーとレベルメーター、ダイナミクスやディエッサーモード、ダイアローグオートミックスやリモート AFV 機能、プロダクションオートメーション機能などのステータスを表示する LED が実装されています。また、個々に PFL Solo キーとフェーダーバックストップ PFL 機能があり、 Mute 、 AFL 、 及びタッチスクリーンを使用する機能メニューで使用する “Select” スイッチが装備されています。3行の OLED 表示は数値や名称など様々なデータを表示します。

ストリップの最上部には選択機能に追従するクイックエンコーダーと3つのスイッチのセットがあり、さらに便利さに定評のある SSL の ‘Super-Q’ スイッチが装備されています。 ‘Super-Q’ は選択されているフェーダーやパスに関連するパラメーターや送り先などを一括してタイルに展開する機能で、必要な情報を一度に確認・変更し、スイートスポットから離れたチャンネルの操作もセンターで行えます。この機能をチャンネルで使用すれば出力がどこに送られているのかを確認でき、バスで使用すればそのバスミックスに関連するチャンネルが表示できます。



System T Channel Tile

Channel Tile

様々なオペレーターに対応すべく、チャンネルタイルは選択されたシグナルパスのコントロールを一括で行えるようデザインされています。7インチのタッチスクリーンとプッシュスイッチ付きポット群により、そのパスのプロセッシングのパラメーターやコンフィグレーションを素早くダイレクトに操作できます。この機能はメインタッチスクリーンとフェーダータイルのポット、マスタータイルのフォーカスフェーダーと並行して動作しています。

このパネルはコンソールのタッチスクリーンやディスプレイの輝度コントロール機能も担っており、さらに4つのユーザースイッチと電源スイッチ、二重化システム・チェンジオーバースイッチと、 Showfile を保存するための USB ポートも実装されています。



System T Master Tile

Master Tile

左側のフェーダーはフォーカスフェーダーで、選択したパスに対してチャンネルタイルのコントロールと連動して動作します。右側のフェーダーはマスターフェーダーで、任意のパスを割り当てたり、それを固定したりできます。2本のフェーダーの間には、コンソールの強力なスナップショット・オートメーションシステムと 10 個の Mute グループスイッチが配置されています。 タイルの上部には System T の柔軟で多機能なモニタリングシステムのコントロールがあり、様々なオプションとともに2マンオペレーションにも対応しています。 4系統のスタジオモニターセクションは複数のスタジオのスピーカーや制作スペースへの送りを柔軟にサポートします。また5つのスイッチ付きポットと表示部はユーザーが機能を割り当てられるエリアです。