Broadcast. This is SSL.

System T

Next generation technology for large-scale broadcast production



SSL System T

:: The future of audio production for broadcast ::




DAW Control

放送用ミキシングコンソールに先進の DAW コントロール機能を搭載。


System T DAW Control

SSL は、レコーディング業界で必要とされているミキシングコンソールの機能に、現代の複合的な制作環境で求められている DAW コントロールの機能を統合しました。
我々の豊富な経験により、最も包括的でかつ直感的に使用できる DAW コントロール機能は放送用ミキシングコンソール System T に搭載されています。

System T の DAW コントロールは、フェーダータイルとマスタータイルの使いやすいハードウェアコントロールと、System T の特徴であるマルチジェスチャー対応の大画面タッチスクリーンで構成されます。DAW コントロールは HUI プロトコルを使用し、ProTools に最適なデザインがなされ、Reaper や Logic といった HUI に対応した DAW にも互換します。



System T DAW Control

DAW コントロールは、1台の DAW に対して8チャンネルを1単位とするバンクを最大で4つ、計32本 の物理フェーダーを構成できます。そして System T では最大4台までの DAW コントロールを同時に持つことができます。
例えば ProTools のセッションでは トラックの数に制限はなく、チャンネルのスクロールやバンク機能を使用して、あるいはフェーダーパネルのレイヤー・バンク切り替え機能を使用して膨大な数のトラックに任意にアクセスできます。
また、ProTools のメモリーロケーション機能により任意のトラックレイアウトを呼び出すこともできます。
System T を ProTools のメインコントローラーとして使用した場合には、例えば2ベイで32 フェーダーを構成してバンクを切り替えることで32トラックずつレイヤーを切り替えるといった使い方ができます。
ProTools を他のライブコンソールへの音源再生機としても同時に使用する場合には、さらに別のベイで DAW コントロールセットに浦のレイヤーに通常の DAW 音声パスを並べて同時にハンドリングできます。


DAW コントローラーとして設定されたチャンネルのハードウェアコントロールは System T のフェーダータイルにあるフェーダーとスイッチ、エンコーダー (ポット) が DAW のミキサーファンクションに従ってマッピングされます。
フェーダーはトラックのレベルコントロール、エンコーダーはパンニングやセンドレベルをコントロールします。
"Flip" することでフェーダでセンドレベルをコントロールできます。
そしてトラックアーミングやオートメーションモードは "Q" スイッチを使用します。DAW のポップアウトソフトウェアインターフェイスはタッチスクリーンのチャンネルビューに表示され、エンコーダーの機能切り替えやオートメーションのモード設定、基本的なトランスポートコントロールやチャンネルスクロール・バンキング、他に様々なマスターコントロール機能が使用できます。これらに加えて HUI プロトコルでサポートされている他のコマンドもマスタータイルのユーザースイッチや GPIO 機能に割り当てて使用できます。


System T DAW Control

DAW のチャンネルビューインターフェイスは、System T のチャンネルビューから、或はフェーダータイルでチャンネルをセレクトすることでタッチスクリーンに呼び出せます。
この DAW チャンネルビューは詳細情報を見られるとともに DAW のトラックパラメーター群に対してタッチスクリーンからアクセスしコントロールできます。

DAW コントロール機能は オフラインソフトウェアである T-SOLSA でも使用できます。System T のフェーダータイルを USB で接続することで、T-SOLSA が稼働する PC は 16フェーダーの DAW コントローラーとして機能します。