Broadcast. This is SSL.

Broadcast Console I/O

A versatile range of I/O and Format Conversion solutions for SSL Broadcast consoles

SSL MORSE Stagebox

MORSE Stagebox – Modular Remote I/O

Modular audio connectivity where you need it

Customised pristine audio delivery
B-RIOユニットは通常ローカルの音声入出力ユニットとして使用しますが、MORSE Stageboxを使用して音声入出力をスタジオフロアーに設けることができます。
B-RIOユニットと同様にモジュラー形式の入出力カードを必要数組み合わせて使用します。複数のスタジオを備えた放送関連施設などでは、MORSEルーターを組み合わせることにより効率的なリソースの共有を図ることもでき、コストパフォーマンスが高くかつ信頼性の高いシステムを構築することが可能です。

MORSE Stageboxは、光ファイバーによりMADIで接続されます。コントロールデータもエンベデッドして送られるため、ワイヤリングもシンプルで、劣化の無い高音質なやりとりが可能となっています。

個々のMORSE Stageboxは最大56chの入出力を3Uのシャシーに構築できます。必要な種類の入出力カードを最大14枚まで組み合わせてマウントできます。また、これらの入出力カードはホットスワップに対応しており、オンエア中でもメンテナンスを行うことができます。

MORSE Stageboxで使用できる入出力カードは以下の通りです。

  • AES:2ペアの AES/EBU/SPDIF入出力、24ビットサンプリングレートコンバーター (192kHzまで対応) を搭載
  • アナログ:4マイク/ライン入力、4ライン出力、4ライン入出力 (出力レベルは +18dB または +24dB) の 3種類
    24ビットコンバーター搭載 (96kHzまで対応)
  • SD-SDI、HD-SDI:8チャンネル(モノ)エンベデッド、8チャンネル(モノ)ディエンベデッド、4チャンネルエンベデッド/ディエンベデッドの
    3モードで使用可能(24ビットサンプリングレートコンバーター搭載)

MORSE Stageboxは標準で電源が二重化されています。オプションで光ファイバーMADI接続も二重化が可能です。
低消費電力で自然空冷方式の静音なユニットで、ステージ付近などに設置することができます。

  • 高品質で信頼性の高い光ファイバーによるMADI接続
  • コントロールデータをエンベデッドし、シンプルなワイヤリングを実現
  • 需要に見合った構成を自由に構築可能
  • ホットスワップ対応でオンエア中でもメンテナンスが可能
  • ファンレスの静音設計